« AmazonでPlayStation 3 みんなのGOLF 6 予約受付開始! | トップページ | カゴメ第23回株主優待 »

第15代 札幌コンサートホール専属オルガニスト マリア・マグダレナ・カチョル デビューリサイタル

2012年10月6日(土曜日)、『第15代 札幌コンサートホール専属オルガニスト マリア・マグダレナ・カチョル デビューリサイタル』に行って参りました。

リサイタルのパンプレット
第15代 札幌コンサートホール専属オルガニスト マリア・マグダレナ・カチョル デビューリサイタル

ホール入り口に案内パネルがお出迎え。
DSC_0198

ロビーには、札幌コンサートホール専属オルガニストの紹介パネルがあり、第15代 マリア・マグダレナ・カチョルさんや出身地のポーランドについての紹介されていました。

マリア・マグダレナ・カチョル

今回のデビューリサイタルのプログラムは次の通り。

  • ボエリ:幻想曲とフーガ 変ロ調
     
  • フランク:「3つの小品」より 幻想曲 イ長調
  •    
  • グリニ:「賛歌」より アヴェ・マリス・ステラ
  •    
  • ギラン:第2旋法の組曲より ティエルスをテノールで
  •    
  • フォクルール:トッカータ
  •    
  • トゥルヌミール:「復活のいけにえに称賛をささげよ」によるコーラル即興曲
  •    
  • 休憩
  •    
  • J.S.バッハ:トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
  •    
  • M.スジンスキ:悲歌 作品36b
  •    
  • リスト:コーラル「アド・ノス、アド・サルタレム・ウンダム」による幻想曲とフーガ

ちなみに、ロビーにプログラム訂正の案内が出ていました。
(今回、入口で渡されたプログラム案内の紙質がコピー用紙っぽかったのは、急きょこの修正が入ったからなのかも?)
プログラムの訂正 

演奏の合間に、簡単な日本語での挨拶と、英語でのスピーチがありました。

カチョルさんは「札幌コンサートホールの素晴らしいオルガンで演奏できることを大変幸せに思います。」ということをおっしゃっていて、曲が終わるとオルガンに手をかざし、オルガンを称賛されていました。

今回のリサイタル中で特に印象に残った曲は、『リスト:コーラル「アド・ノス、アド・サルタレム・ウンダム」による幻想曲とフーガ』で、演奏時間が約30分におよぶ大作でした。
私は30分の間、、カチョルさんの演奏に忘れて引き込まれてしまい、気づいたときには演奏が終わっていたという感じでした。

そして、アンコール曲は「クープラン(Couperin):tierce en taille,Mass for the Convents」でした。
※下の写真の最後の単語は「concents」に見えますが、おそらく「Convents(修道院という意味)」でしょう。
DSC_0196 

リサイタル後、専属オルガニストのCDを購入した方に、カチョルさんのサイン会が行われていました。

カチョルさんが、一人ひとりに丁寧に挨拶されていたのが印象的でした。

札幌コンサートホール

今回のリサイタルについて感想を一言でいうと、とても素晴らしいものでした。

次回、カチョルさん出演予定は12月16日の『クリスマスオルガンコンサート』。
高校生の合唱団とのコラボレーションされるとのことです。

詳しい情報は、札幌コンサートホールの公式ホームページ公式Twitterで情報が発信されていますので、そちらをご覧ください!

マリア・マグダレナ・カチョル公式ページはこちら

|

« AmazonでPlayStation 3 みんなのGOLF 6 予約受付開始! | トップページ | カゴメ第23回株主優待 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事